トイレを直す際の注意点

トイレ

相場は5千〜2万円

ご不浄などと呼ばれて、あまりきれいなイメージのないトイレですが、それでも毎日の生活には欠かせない大切なもの。この記事では、そんなトイレが壊れてしまった際、修理するための注意点について説明します。トイレトラブルに対しては、業者に頼んで直してもらうのが確実な方法です。その際注意したいのは、業者の提示する修理代です。トイレトラブル修理代の相場は、5千〜2万円程度と言われています。水漏れなどの基本的な修理代がおおむね5千円、ゴムパッキンや栓などの小さな部品の交換程度であれば、1万円前後で済むことがほとんどです。便器やタンクごと交換しなくてはならないような大きな故障だと、工事費のみで2万円近くかかる場合があります。その上、便器の性能にもよりますが、本体代として数万〜数十万円が必要です。が、それほどのトイレトラブルでもない限り、2万円を越すことはめったにありません。ゴムパッキンや栓の交換程度で、数万円の修理代を提示するような業者は要注意です。暮らしに身近なトイレですが、中の構造まではよく知らない人がほとんどです。知らないことにつけこまれ、多額の請求を受けたという事件が、しばしば報道されます。トイレトラブルに見舞われた際、業者は必ず信頼出来るところを選びましょう。テレビのCMでよく聞く業者や、ネットの検索のトップに出てくる企業は、社会的な信頼度が高いと言えるでしょう。また、口コミサイトを利用して、事前にチェックすることも重要です。大切なトイレのこと、日々の手入れに加え、かかりつけで任せられるような、信頼出来る業者を見つけましょう。

Copyright© 2018 緊急事態!トイレトラブル発生は業者へHELP|住宅を守る All Rights Reserved.