突然の故障が起きたとき

作業員

一番不安でもある費用は

トイレトラブルが起きた際は真っ先に自分で解決しようと努力しますが、それでも解決しない場合は専門業者に依頼するのが早期解決への近道です。しかし、気になるのはどれくらいの費用がかかるのかという点で、頻繁に利用するわけではないため誰もが不安になります。業者へ依頼した際の費用については、トイレトラブルの種類によって異なるのが一般的で、修理代金以外にも基本料金や見積もり料、出張料、夜間・早朝時の割増料金、材料費がかかることを頭に入れておきましょう。これらにかかる費用は業者によって大きく異なり、見積もり料や出張料については無料で行われている業者が比較的多くなっています。見積もり料と出張料は電話で問い合わせた際に、いくらかかるのが真っ先に聞いておくのがベストです。基本料金については3000円から5000円程度が相場で、高いところでは1万円から2万円必要な業者も存在しています。ですが、その分修理費用が安かったりもしますので、総合的に判断するのが得策です。そして、一番重要なのが修理費用ですが、トイレトラブルで一番多いトイレつまりなら5000円から8000円程度、高度な技術を要する場合は20000円から5万円程度の費用がかかります。そして配管詰まりによる修理は8000円から15000円、洗浄が必要な場合はさらに15000円から30000円が上乗せされます。トイレの水漏れでは、ロータンク内の部品交換ですむなら4000円から12000円程度、ロータンク本体の交換が必要となる場合はタンク自体も購入することになるため、60000円から120000円ほどになります。専門業者にトイレトラブルの修理を依頼するときは、上記の費用を参考にして検討しましょう。

Copyright© 2018 緊急事態!トイレトラブル発生は業者へHELP|住宅を守る All Rights Reserved.